フライパンのおすすめ人気ランキング.com

フライパンのおすすめ人気ランキング.com

宅配ピザより美味しい冷凍ピザ♪

ruhru(ルール)フライパン

ruhru(ルール)健康フライパン

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較

10年間保証で知られたruhru(ルール)健康フライパンです。10年間、焦げ付かないという自信があるから、焦げ付いたらコーティングをやり直してくれる保証がついてます。もちろん、正しく使用した上で焦げ付いたら…ということです。コーティングはナノダイヤモンドとチタニウムです。内側4層、外側3層で計7層のコーティングがなされています。金属のヘラなどは使用しないでくさい。コーティングの剥がれる原因になってしまいます。使い勝手という意味ではちょっと丁寧に扱う必要があるruhru(ルール)健康フライパンです。お手入れはもちろんチョッとの洗剤で少量の水で済みます。調理するのに油がなくても焦げ付きません。価格はやっぱり高めですが、10年は確実に使えることを考えると…。そこそこのフライパンを買い換えているなら、激安です。

 

3000円のフライパンを1年で交換すると…、10年で30,000円です。
ruhru(ルール)健康フライパンの28cmが15,800円ですが…、10年後も買い換えていません。

 

あなたは10年間で30,000円支払いますか?
15,800円を10年間使いますか??

 

もちろん、交換して使うフライパンが5,000円なら50,000円になるのは明らかです(笑)

 

フッ素、テフロンは塩によって剥がれやすくなり、焦げ付き始めます。一方、チタニウムは塩に強いから、塩で剥がれるようなことがありません。これがチタニウムコーティングの強さなんです。

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

購入はコチラから

口コミと詳細はこちらから

GSWセラミカストーンフライパン

GSWセラミカストーンフライパン

ruhru(ルール)の姉妹ブランド「GSW」からセラミックコーティングのフライパン、セラミカストーンです!一般的なフッ素加工より耐久性が高いと言われるセラミック加工なんです。もちろんセラミックですから、PFOAやPTFEの心配もありません!火加減に自信がないなら、セラミカストーンがおすすめ!理由は耐熱温度が400℃だから…。ちなみに、ruhru(ルール)は230℃です。といっても、やっぱりコーティングのノンスティックフライパンですから、鉄などに比べれば弱いです…。扱いに丁寧さが要求されるのは仕方のないところ…。しかし、ruhru(ルール)と同じで10年保証が付いてるから、正しく使えば安心して10年使えるフライパン!焦げ付かない!お手入れ簡単!さらに丈夫なセラミックです。フライパンを買い替えながら使っているなら、ちょっと高級なフライパンを長く使ったほうが経済的ですよ。それに、洗うときの水や洗剤、調理するときの油だって節約できるんです。毎日のことだから、10年間の節約を考えたらバカにできない金額になりますよ…!熱源も選ばない作りだから、IHでも使えます!

 

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

購入はコチラから
詳細と口コミはこちらから

リバーライト極(鉄フライパン)

リバーライト極(鉄フライパン)

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較鉄のフライパンというと、「スグ錆びる、手入れが面倒」と言われていましたが、

特殊(窒化)熱処理によって、鉄の表面を錆びにくく、硬く加工してあるので、鉄の特性は維持しながら、錆びにくくお手入れも簡単になっている。

今、最も売れている鉄のフライパン。

 

金属のたわしでゴシゴシしても傷つかないし、使用している方の口コミでも熱いうちに水で流してスポンジで擦る程度でキレイになってしまうくらいお手入れも簡単です。
いままで、鉄のフライパンはお手入れが大変…、調理前の準備が大変で…、使えば焼き物、炒め物が美味しくできるのは知っているけど…ちょっと…と思っていたあなたでも、使い勝手のいい鉄のフライパンですから、チャレンジするのもあり!です。

 

鉄特有の蓄熱のよさで、素材に素早く火が通るから、シャキっと香ばしく焼きあがります。
ハンバーグ、ステーキはお任せ!な鉄のフライパンですよ。
もしかしたら、その辺のお店より美味しいハンバーグが焼けちゃうかも…??

 

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

購入はコチラから
口コミと詳細はコチラから
極ザオムレツの使用感レビュー動画はコチラから

 

スイスダイヤモンドフライパン

スイスダイヤモンドフライパン

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較


価格はちょっと高めですが、金属性の調理器具を使っても問題ないコーティングで剥がれません。保証こそないものの、長期間使えるフライパンです。
ダイヤモンドコーティングだから、油もほとんど使わずに調理できて、洗い流すのも少しの水で簡単です。洗剤だってほんのわずか…。長期で考えるとパーフェクトなコストパフォーマンスです。

 

あなたはフライパンが焦げ付いてしまったときの水道料金や洗剤の量ってわかりますか??何度も焦げ付きを洗っているなら、かなりの料金になってますよ。
そして、剥がれて買い替え…。スイスダイヤモンドフライパンは12,000円程度〜とちょっと高い気もしますが、10年程度は剥がれないでしょう。
1年で1,200円です。あなたの買い換えているフライパンはいくらですか?2,000円以上のフライパンを買い換えているなら、損しちゃってますよ。

 

そして、安全面でもPFOAの含有率は0%で安心して調理できますよ。

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

Amazonで調べる⇒スイスダイヤモンドフライパン販売一覧
楽天で調べる⇒スイスダイヤモンドフライパン販売一覧

 

詳細と口コミはこちらから

パール金属 ブルーダイヤモンドフライパン

パール金属 ブルーダイヤモンドフライパン

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較

同率で4位です。パール金属のブルーダイヤモンドフライパン!フライパンをなるべく安く、なるべくいいものを…と考えているあなたにおすすめなのがパール金属 ブルーダイヤモンドフライパンです。PTFEもPFOAも関係ない!安くてちゃんと使えればOKなら超おすすめ!それは、激安価格に下がっているからなんです。定価6,825円60%オフ2,701円です。ガスでもIHでも使えて、ダイヤモンドコーティングされているから、金属製のヘラでも問題ありません。

 

でも、いろんなフライパンの口コミを見て回りましたが、どうもみなさん調理中の火力が強すぎるみたいですね。特に、いままでスグに焦げ付いて剥がれて、フライパンを買い換えている方は…。なので、パール金属 ブルーダイヤモンドフライパンを購入されたときには、中火以下での使用をおすすめします。ただし、フッ素加工は塩に弱いし、熱伝導が悪いので薄く加工しないといけませんから、どうしてもピンホールができてしまうんです。目に見えないほど小さな小さな穴が出来ています。そこから塩や水道水に含まれる化学物質が入り込んで、コーティングが剥がれる原因になっています。

 

中火以下で使用していても、数年で剥がれたり、焦げ付いたりすることは当たり前なんです。そこを理解して買い換えて使うのにはおすすめです。
でも、本当ならフッ素、テフロン加工のフライパンはおすすめしたくないのですが…。安くて、焦げ付かなくて、丈夫というと…パール金属 ブルーダイヤモンドフライパンでした。
どこの通販サイトでもランキング1位でしたし…。半値以下で購入できるから、当然といえば当然なのかもしれません。

 

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

コスパは買い換えることが前提になるので、−1です。

 

購入はコチラから
口コミと詳細はコチラから

グリーンパン

グリーンパン

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較

PTFEもPFOAも使っていない安全なコーティングで有名なフライパンです。セラミックコーティングされているんです。セラミックの素材は天然鉱物の砂と同じですから安心ですね。PTFEやPFOAはフッ素加工のフライパンだと、高温になると発生する有害物質です。材料が多い炒め物などなら空焚き状態になりにくいですが、魚の切り身など、フライパンに空間ができる調理をすると、空焚き状態の部分が出来てしまいます。このときに、フライパンが高温になって有害物質が発生してしまうことがあります。

 

でも、グリーンパンならそんな心配はいりません。安全で美味しく調理できるフライパンです。
ただし、決して中火以上で使わないでください。焦げ付き、こびり付きの原因になりますし、コーティングが剥がれる原因にもなってしまいます。
グリーンパンはこのように使い方にかなり制約があります。このあたりがちょっと面倒かもしれません。しかし、注意して使わないと簡単に剥がれて焦げ付いてしまいますよ。
もし、火力の調整が面倒なあなたは、鉄のフライパンをおすすめします。

 

それと、ヘラやスポンジを使うにも注意が必要なグリーンパンです。決して、金属製や硬い素材のものでは擦ったりしないでください。コーティングにキズがついて、剥がれる原因になってしまいます。もし、金属製や硬い素材のものをフライパンで使いたいなら、スイスダイヤモンドフライパンがおすすめです。金属製のヘラも使えるし、PFOAなども使っていないので、安全で丈夫なフライパンですよ。

 

価格 安全性 お手入れのしやすさ コストパフォーマンス

 

 

購入はコチラから
口コミと詳細はコチラから

あなたがフライパンに求めるものは…?

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較

あなたの目的によって、選ぶフライパンがまったく違ってきます。

とにかく価格なのか…?安全な素材なのか…?お手入れのしやすさなのか…?
さまざまな基準を設定して選んでいきましょう♪

 

理想は焦げ付かなくて、お手入れが簡単で、激安なのがいいですよね?商品としてフライパンのことをいろいろと調べていくと…、
高いフライパンを購入して長くつかうのか…?安いフライパンを数ヶ月で交換して使うのか…。
このどちらかを選ぶしかないです。

 

その中間点にあるのが鉄のフライパンなんですが…、これはこれでまた問題もあります(笑)
ご存知かもしれませんが、お手入れが面倒です。さて…、あなたにとって必要な要素は…??

 

価格で選ぶ場合

安物はもちろん、そこそこの価格であっても、フッ素やテフロン加工のものは買い替えが必須です。長くもって1〜2年経過すれば必ずコーティングが剥がれてきます。
これは長期で使っている人の口コミを見れば明らかです。なぜ、フッ素やテフロンは数年で剥がれてしまうのでしょう…??

 

フッ素(テフロン)コーティングが剥がれるわけ

 

安全なフライパン素材で選ぶ場合

フッ素、テフロン加工のフライパンには空焚きして高温にすると有害物質が発生することがわかっています。普通に使う分には問題ないのですが、単品で面積が少ない素材などを調理する時には、フライパンの空いた隙間部分が高温になる場合があります。そんなときに、知らず知らずに有害物質が発生することがあるんです。

 

PTFEとPFOAってなに?

 

お手入れで選ぶ

フライパン,人気,おすすめ,ランキング,比較

お手入れが楽なのはコーティングされたフライパンです。鉄やステンレスそのものは抜群な焼き加減で調理できますが、お手入れに難があります。正しく使わないとバッチリ焦げ付き、張り付き放題です。コーティングされたフライパンはお手入れは簡単ですが、フッ素加工品は安全性が心配だし、スグに剥がれます。しっかりした安全なコーティングを施されたフライパンなら、安全で、お手入れ簡単。さらに、鉄並の熱伝導を誇り、美味しく調理できます。ただ、購入するのにちょっとお値段が高いです。

 

安全で、簡単お手入れ、美味しい調理ができるフライパンってどれ?

 

コスパで選ぶ

購入するときには安いフライパンでいい!と考えているあなた。実は大損してるかも…??まず、普通に使うだけで安いフライパン(10,0000円以下)のものでは必ずコーティングが剥がれます。使い方にもよりますが、長くて1年程度です。安い剥がれるフライパンと高くて長期間剥がれないフライパンのどちらがコスパがいいのか考察してみましょう。

 

どっちのコスパがいいの??

 

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ランキングトップ 鉄フライパンランキング 5000円までランキング フライパンのおすすめメーカー 知っておきたいフライパン知識